カテゴリー: コンテスト

2010銀粘土コンテストの結果

コンテスト、入選していました〜
通知が先週届いていたのですが、風邪を引いたときに封筒を開けたので
読んで、パタンと手紙を閉じて机の上に置いたままでした
賞には届きませんでしたが、国立新美術館で展示されるので
良かったらご覧下さい!!
会期:2010年6月23日(水)〜7月5日(月)
会場:国立新美術館 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

Share

銀粘土で作る シルバーアクセサリー コンテスト2010

今日なんとか出品することができました〜
本当は作業の経過など載せるつもりでしたが、
結局撮影ができずにいました。
とりあえず写真です。

また締め切りを大幅に遅れて何とか仕上がったので、
あわてて写真を撮ったためまともな写真がないのです(涙)
(事務のNさん、ごめんなさい!帰る時間おそくなっちゃったかな?)
また作品が手元に戻ってきたときにちゃんとした写真はUP予定です
銀粘土はそれこそ10年以上前、やったことがあったのですが
久しぶりに使いました。
先生から手早くね!とアドバイスを頂き、開封する前に
どういう形にするか型紙を作ったり、ラップを準備して
粘土が乾かないようにしたりと下準備を万全にしました。
それから小さな容器にあまった銀粘土を少量の水に溶かしておきます
これは切り抜いた銀粘土に9ピンをつけたければ本体に少しやすりで
削りを入れて9ピンを入れ、溶き粘土を盛ってバーナーで焼くと
すぐにくっつけることができます。
また焼成前に本体が割れても、割れ口に溶き粘土を塗ってから
乾燥→焼くときにも使えます。
今回も殆どのパーツを銀粘土で制作しています
銀粘土は自由度が高くて楽しかったです
ただグラムで考えると割高かな〜と思います。
今回は以前パールコンテストで入選したときに商品として頂いた
銀粘土があったのでそちらを使いました。
コンテストでは『つながり』というテーマがあり
私は海の動物の食物連鎖をわかりやすく表現しました
タイトル:Keep balance!
ところどころ海っぽい色のビーズや石を使っています。
最後にペンダント部分に石を彫り留めをしたのですが
皿もみが下手で留めに結構時間がかかってしまいました。。
(結局最後は月曜の先生にお手伝い頂いて仕上がりました、
ありがとうございました[:おてんき:])
ちょっと使用している丸カンが細くて折れないか心配ですが
とりあえずは仕上がって安心しました。
これで卒業までは頼まれ物や自分の作りたいものを
集中して制作したいと思います[:イヒヒ:]

Share

日本ジュウリー協会デザインコンペティション

2月3月はなんだかコンテストが目白押しで、引き続きバタバタと
毎日を過ごしております。
JJDAのデザインコンペは今日の消印有効ということで、本日30分を残し
何とか先ほどデザイン画を完成させ、発送を済ませてきました!!
今思い返しても、小学生から夏休みの3日前になって
『宿題終わってないーー』と泣きながら宿題をやるタイプで
いい大人になっても本当変わらないな〜と情けない気持ちも半分ありますが
とにかく期限内には終わったし(今日授業休んだけど)良しとしましょう。
このコンペは『やさしい』がテーマでした。
体に優しいとか心に優しいとか、なんでも良いのですが
最初に考えていたデザインは先週の木曜日学校の友達とこのコンペの話を
していたら、どうやらほぼ同じアイディアだったと判明し、
どうしたものかな〜〜と考えていたところでした。
私としてはかなり良いアイディアだと思っていたのですが、
その後ネットで調べてみるとすでに商品化もされていたようで
ますます行き場がなくなってしまいました。
金曜日には気を取り直して電化製品のパーツをリサイクルしてジュエリーを
作ったらどうかな?と思い、先生に相談してみると…
『最近都市鉱山ってよく新聞に出てるし、いいアイディアじゃない?』と
言ってくださいました。
週末雑誌やニュース、ネットでリサーチし書き始めたのは、作日のこと。
しかも絵具や筆、テンプレートをしっかり学校に置いてきてしまった。。。
いつでもタイミングの悪い私。相当ボケてます。
仕方ないので今朝近所の画材屋さんで調達してきました。
そしてこれが今回書いたデザイン画。


この紙をB4のペパーミントグリーン&チョコレート色のボードに貼って
提出しました。
出来栄えはまあ、
旬なキーワードを使っているし、PPで作成したプレゼンも私的には
気に入っているし、とりあえず終わってほっとしています。
あとは今週末〆の銀粘土のコンテストだーー
学生は意外と忙しくて、なかなかゆっくりできませんなあ

Share

フレッシュマン・ジュエリー・デザイン・コンテスト2010

甲府で行われるフレッシュマン・ジュエリー・デザイン・コンテスト2010。
http://www.j-gate.net/~yja/fjdc2010.html
今日が締め切りでした。
もっとたくさん出したかったのですが、結局あまり時間を作れず今回は
一点だけ出品しました。
いくつかアイディアを出したなかで形になったペアリング。
いつか自分で作ってみたいです
『赤い糸』
ナシ地のPTにエナメルで赤い糸をくるくると無造作に巻いた感じを
デザインしました。

Share

愛南町パールコンテスト賞品!

卒業制作のため更新がなかなかできず・・・
ストーカーのように見てくれていると言っていたAちゃん(←本人談ですよ〜)お久しぶり。
卒制の7セット予定を6セットに減らしたので、残り2日徹夜せずに済みそうです。
とりあえず夏のコンテストの作品が戻ってきたのと同時に賞品を頂いたので
紹介しようと思います。
到着したダンボールをあけてみると丁寧に梱包をして下さって、
賞品のほかに立派な賞状まで!
パールの生珠もルースケースに3つ入って、銀粘土まで入っていました。
これは次回の銀粘土コンテストで使いたいと思います

それから久しぶりに見る提出作品
しかも、数日前さっそく着けたらハチが取れたという残念なお話つき・・・

これは子供のために作った作品
指にはめて、じっとすることがない息子がテレビに夢中で止まった一瞬に
撮れた奇跡の一枚。

Share

第2回にいがた錺( かざり)・技祭り

まだブログを書き始めていなかった頃に出したコンテスト。
『敢闘賞』を頂いていたのですが、ようやく報告が出来そうです。
というのも、今日自宅へ帰ったら、事務局からFAXが届いており
『宝石の四季』という宝飾系の雑誌に今回の受賞者の作品を
載せて下さるというオファーがあったとのことでした。
私のは第二部門(シルバー部門)の一番下の賞。
なので実際に宝石の四季に写真が掲載されるかはっきりと
わかりませんがブログでも書きそびれていたので、
どちらにしても報告ができ良かったです。
この作品は、締め切りの3日くらい前にせっかくだから作ってみよう!
と、思いつき、それはもう慌てて製作したので、
提出の締め切り1分前まで(←おおげさ)ずっと作業をしていた
思い出深いものです。
また学生に戻ってから、コンテストには出来るだけ出品していたのですが
なかなか入賞へたどり着けず、少し落ち込んでいる中
初めて頂いた賞で、とても嬉しかったのを覚えています。
また、ロウ付け箇所が多く、貴金属加工のみ(Wax加工はNG)だったので
かなり苦労しました。
おかげでロウ付け、少しは上達したかな〜
明日さっそくきれいに磨きなおして、事務局へ送付します!!
・・・・このコンテストについて少しだけ・・・・
錺(かざり)とは貴金属加工のことで、店は昔は錺屋と呼ばれていたそうです。
その『錺』の名前をつけ、全国の名工、作家、職人の手作りの逸品が集結する
『第2回にいがた錺・技まつり』
7月1〜7日まで、新潟市の「洗谷貴宝」で開かれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真はクリックすると大きい画像が見られます。



Share