週末は久しぶりに家でのんびり過ごしました。
土曜日の夜中、大嫌いな蚊に刺され一人で
起きてきました。
テレビの録画リストを見ると
第一回から見ている『蒼穹の昴』が。
しかも最終回。
寝ぼけながら見るのももったいないと思いつつ
かゆくて眠れないし、早く見たくて再生[:プシュー:]
あっという間に最終回が終わってしまいました〜[:悲しい:]
本当に胸にぽっかり穴が開いたみたいに、もう見られないと思うと
切ないです。。。
このドラマは浅田次郎さんの書いた歴史ドラマで
登場人物は中国でも注目を浴びている俳優さん達のようです。
今後も映画やテレビで活躍を見られるかも。
でも梁文秀(りょうぶんしゅう)とミセス・チャンの相思相愛なのに
結ばれない恋の行方など最後がはっきりしなくて不完全燃焼気味。
続編やってほしいな〜
本もいいけど、あの時代の美しい建造物や衣装がみられるので
やっぱり映像で見てみたいです。
ところどころ史実に基づいていて、もともと知っていた中国史と
リンクして本当に面白かった。
それに出てくる俳優さんの美しいこと。
中国語も宮中だけの話し方なのか分かりませんが、
言葉の響きがなんともくせになります。
浅田次郎さんの本では続編『珍妃の井戸』が出版されていて
今日たまたま子供の紙芝居を借りに図書館へ行って、見つけたので
早速借りてみました。
明日からは通勤が楽しみ[:さくらんぼ:]
しかもタイトルになっている『珍妃の井戸』(光緒帝の側室珍妃が
西安に行くのを拒んだために紫禁城の中にある小さな井戸に無理やり
詰め込まれ殺されたという井戸)は実際に存在していて、
紫禁城の入場料とは別料金で見られるそう。
実際に存在しているというのが驚きました
もっと色々と勉強して、それから本物を見に行ってみたいな〜
人生でやりたいことリストに入れておきます
ドラマを見ていない人には??な記事でスミマセン
でもどうしてもこの気持ちを書いておきたくて…
興味を持った方はぜひ秋以降の再放送、見てみてくださいね
↓こちらもポチっとお願いしまーす!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドアクセサリーへ

Share