教わっている石留め職人さんから
『自分が使う道具は、自分で管理すること。
 ちょっとおかしいなと思ったら、すぐに自分で修正しないと
 誰も直してくれないからね!
 タガネも人それぞれ使い易い角度が違うから、時間をかけて
 自分にあったものを作れるように練習してね』
と、アドバイスを頂きました
会社に入ったばかりなので、一瞬キビシイなーと思いましたが
自分でも心の底ではわかっていたこと
それに本当にそのとおり
この仕事をやっていくには、道具も工夫して自分で作ったり
管理したりできないといけないと思います
少し甘えていた考えを反省しました
そんなわけで
今日は朝一番で工具を少し買い足しに行って、
会社についてからは今まで自分では出来ないだろうと遠ざけていた
タガネ作りに挑戦してみました
使った道具は…
 ダイヤモンド砥石、ダイヤモンドペースト、
 堅い板(ガラス板、アクリル板でもOK)です
まずはタガネをダイヤモンド砥石(形を大きく変えたい場合はダイヤモンド
ヤスリでざっくりと成形する)で研ぐ。
今回は毛彫り 直線用、曲線用の2本
次にダイヤモンドペーストを堅い木の板につけてその上で研ぐ
 
 #1500ダイヤモンド砥石
     ↓
 #3000ダイヤモンドペースト
     ↓
 #8000ダイヤモンドペースト
曲線用は手首の角度をなだらかに変えて研ぐので私には難しかったです
今日は殆ど終日、タガネで彫りの練習をして終わりました
*******************************
自宅に帰ってからは、月曜日に自分用にサンプルを作ったピアスを
商品用に製作しました
大粒のペリドットのボタンカットビーズとK14Goldfilledのワイヤーを
使ったフープピアスです。
作り方は、
 ?1.0?のワイヤーをフープに成形し、丸カン部分も作っておく
 
 ?0.4?のワイヤーにペリドットを19粒通し、それを1.0?ワイヤーの
  土台に綺麗に巻きつけていく。
 
 ?そのまま丸カン部分にも綺麗に巻きつけ、最後は一番最初に巻きつけた
  ビーズに戻って0.4?のワイヤーを2重に巻きつけてニッパーで切る
 ?ピアス金具を付ける
今日は試しにGIFファイルを使って作業工程をスライドショー風
にしてみました
 
こちらのピアスはショッピングページにも商品を追加予定ですので、
興味がある方は右のLINKからどうぞお立ちよりください
よろしくお願いいたします

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です