学校の友人がグループ展をしていた
『LUCE ジュエリー+油絵展』に、行って来ました。
2009年12月5日(土)〜12月6日(日)/11:00〜19:00
ギャラリーHANAさん(下北沢)で開催されていました。
『[LUCE]とは、イタリア語で光や希望の意味があり、
そのメッセージを込めて、11人の作家が集まりました。
学生ならではの、様々な個性のジュエリーと油絵の展示会です。』
当日は今の彫金学校でも、実は高校も同級生という富田亜里子さんや
別の高校の同級生も駆けつけ、短い時間でしたが
とても楽しい時間を過ごせました。
富田さんの作品。全体的に和な感じ。
型は取らずほとんどが一点もの。

唐草とピンクのお花が印象的なピアス
ピンクのパーツは伝統工芸を使って作ったもので
今度詳しく聞いてみます

写真がいまいちですみません。。。
銀板に和彫りでウサギが彫ってあるペンダントヘッド。
実際はもっと彫った部分がキラッとしてきれいでした

彫金学校で一緒に勉強している、谷津博子さん。
彼女は今年の愛媛県愛南町主催、
第13回「パールジュエリー・デザインコンテスト」で、
「最優秀賞」を取った人です。
当日は雪のモチーフやピンクトルマリンを使った指輪などが
並んでいました。

先週出来上がったばかりのピンクトルマリンの指輪
本人曰く石を横から見たところがきれいでお気に入りだそう。

ピンクトルマリンを横から見たところ

大松千秋さんも一緒に勉強しているうちの一人です。
去年はイタリアに洋彫り(インチジオーネ)の研修に行ったり、
バイタリティーのある人です。
今日はモナリザをモチーフにしたペンダントやオーバルの石入りペンダント
など多数が並んでいました。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です