今日は学校で卒業制作の仕上げをしました
このセットジュエリーはインドのアンティークからインスピレーションを
もらいデザイン、製作しました。
今回の卒業制作の一連でダントツのお気に入り。
来週金メッキするつもりですが、もっともっと可愛くなりそうです!!
石留めをしてからは通学の電車の中でしげしげと眺めたりと、思いっきり
怪しい人だったと思います。。(笑)
でも朝、電車の中で今日やることををイメージして作業に取り掛かると
その日はスムーズに作業が進む気がするので、怪しい行動も
ちょっとは役に立ったかもしれませんが
石はメインストーンがトルマリン(ピンクオレンジに一目惚れしました)
サイドはペリドットに、ロードライトガーネット、ペンダントはそれに
1.5?のグリーンクォーツを入れています。
ペンダントトップの方は、メインストーンの後にサイドを留めたのですが
最後の1ピースで爪が取れてしまい、石留めした後にセラミックで石を
保護しながらロー付けしたのですが、冷めてから
セラミックを外してみると、メインストーンのピンクトルマリンの色が・・・
透明になってしまった・・・・・・・
ショック!
ピアスと色目を合わせてミネラルフェアで買ったのに〜〜
結局メインストーンは割って取り出し、御徒町で何とか同じ大きさの
似たような色目のものを見つけることができほっとしたのもつかの間、
次は2本サイドの爪が折れてしまい、レーザー溶接でつけてもらったり
語りつくせない、この苦労。。
それもこれも自分の技術の無さのせいで、情けない限りですが何とか形に
なり本当に感激!

あとから見ると、あちこち、いまいちな感じですが・・・・
もう少し時間ができたら、もう一度チャレンジしたいです
この作品のおかげで、ロー付けや共有爪、ペアシェイプの石留め、レーザー溶接による爪の溶接など新しいことに挑戦できてよかったです。

***この作品で学んだこと******(あくまでも私の意見です)
・ペリドット用の石座は最初にロー付けしメインストーン用の石座を
 すり合わせして納める方法が良かった
・石留めはサイドから
・石の高さをきちんと測る(当たり前だけど)
 →ピアスの片方はキューレットが残念ながら出てしまいました。。
・共有爪の位置をもう少し考えたほうが良かった

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です