日別: 2009年11月2日

イニシャル(モノグラム)パーツの製作過程

ちょっと前のものですが写真がたまってきたので、少しずつUPします!
写真はデザインフェスタにも出したイニシャル(モノグラム)パーツの
製作途中です。
まずはお鍋にアルミホイルを敷いてそこにみつろうを入れ弱火で煮ます。
前回はそのままキャストにだしたところ、全てのパーツに穴が開いて
しまい商品化できなかったので、今回は1?のシートワックスを
裏に貼ってみました。そこにケガキでサインを入れています。
→サインの仕上がりはあまり良くなかったので、刻印を作ってそれを
 使ったほうが良さそうです。


これはラウンドのワイヤーワックスで丸カンを作っているところ。
大きさに合わせて、爪楊枝ややすりの柄など使います。

Share

ワックスで作ったパーツ

金属加工も好きですが、具象の作品を作るときはワックスが便利です。
ここでは、ピンク色のシートワックス、青色のワイヤーワックスと
ハードワックスを使用してパーツを作っています。
シートワックスは子供の頃に食べた駄菓子の桜色の四角いお餅っぽくて、
かわいいです。
ワックス加工だとキャスト代がかかりますが、柔らかいラインや
私の好きな花のモチーフなどは表現しやすいと思います。
逆に石座などきっちりと作りたいときは断然金属から原型を作るのが
いいと思います。
作業をするときはできるだけ時間を計り、ざっくりどのくらいで作品が
仕上がるか考えながら進めていくようにしています。
話はそれましたが、写真は花の指輪をワックスで作ったものです。
それぞれ金属にしてから、ロウ付けし、石留め(立爪の予定)、葉脈を
たがねで彫って仕上げるつもりです〜
石は何にしようかな。銀色の地金ならアメシストかサファイヤ
金色の地金ならルビーもいいな〜
今度は石屋さんでの石選びもUPしたいと思います
また仕上がったらUPするのでお楽しみに♪

Share